★アンチエイジング・寿命のコントロールなど、ためになるお話ですよ!

★ベジブロスでファイトケミカルを摂取する方法のお話です!

☆☆☆世界初!二酸化炭素を再摂取しない酸素マスク SHENPIX 【 CO2 Free Mask 】☆☆☆

従来の酸素マスクは「鼻と口を一体的に覆う構造」の為、呼気(高濃度の二酸化炭素を含む)と

吸気(酸素)がマスク内で混ざり呼気(二酸化炭素)を再呼吸していることが問題になっています

(従来の酸素マスク内の二酸化炭素濃度は厚労省の定める「建築物環境衛生管理基準」上限

1000ppmの2~3倍となっています。)。

SHENPIX「CO2 Free Mask」はマスク内で鼻(吸気)と口(呼気)を仕切り吸気と呼気が混ざらない

構造になっています。このマスクを使用し鼻で吸って

口で吐く深呼吸、腹式呼吸をするだけで呼気と吸気が混ざらず気持ちよく酸素濃縮器を使用できます。

すべてのメーカーの酸素濃縮器にご使用できます。

新型酸素マスクSHENPIX 【 CO2 Free Mask 】は日本、EU28カ国の形状意匠登録済み(アメリカ、中国申請中)。

(※このマスクは医療機器ではありません。)

■独創的で世界初のアイテム SHENPIX 【 CO2 Free Mask 】

マスク内部で鼻(吸気=酸素)部分と口(排気=二酸化炭素)を仕切る事によって、吸気と呼気が混ざらない

新しいタイプの酸素マスク。深呼吸のように鼻で吸って口で吐くという普通の呼吸で呼気に含まれる

高濃度二酸化炭素を再摂取することはありません。

また、吸気と呼気が混ざらないためマスク内の酸素濃度は従来型酸素マスクに比べ30%ほどアップします。

マスク下部を開放していますのでマスク使用時の会話に不自由を感じません。

カニューラを使用している方も是非、 【 CO2 Free Mask 】をお試しください。

※ 【 CO2 Free Mask 】使用時に鼻で吸って鼻で吐くことはありますが、この時は従来マスク同様に二酸化炭素

を再摂取することになります。

■二酸化炭素と健康の関係(個人差があります。)

1,000ppmで不快を感じる

2,000ppmで眠くなる

3,000ppmで頭痛、めまいがする。

ppmは濃度や存在比の質量比率または体積比率を表します。また、公害物質の含有率などを示します。

1ppmは100万分の1の意味です。

■CO2 Free Maskと従来型酸素マスクの違い

従来の酸素マスクは酸素を吸う鼻と、呼気として高濃度の二酸化炭素をはく口(時に鼻ではく)を一体的に覆うため、

高濃度の二酸化炭素がマスク内に留まります。マスク内に酸素が注入されたりして濃度は薄まりますが

2,000~3,000ppmの二酸化炭素が常時滞留し、その二酸化炭素と酸素を私たちは吸っていました。

通常大気中の二酸化炭素は400ppm程度です。

日本の厚生労働省が定める「建築物環境衛生管理基準」や世界的な環境基準でも二酸化炭素濃度の上限値を

1,000ppmと定めています。当然、何らかの根拠があっての規制です。

CO2 Free Maskはマスク内部で鼻(吸気=酸素)部分と口(排気=二酸化炭素)を仕切り、吸気と呼気が混ざらない

構造になっています。深呼吸のように鼻で吸って口ではくという普通の呼吸で呼気に含まれる高濃度二酸化炭素

を再摂取することはありません。

ただし、鼻から酸素を吸う構造のため口呼吸しかできない人は使用できません。また、就寝中は従来型マスクを使用

するなど使い分けることが必要です。ちなみに従来より呼気に含まれる二酸化炭素の再摂取は医療分野でも問題視

されており、医療で使用されている酸素マスクの使用上の注意では二酸化炭素を再摂取しない方法としてマスク内に

大量の酸素を投入するように指導しています。

しかし過度に投入した酸素はマスク外に漏れ、理論値とは違い酸素濃度は上がらずマスク内二酸化炭素は2,000~

3,000ppm以下にはなっていません。

世界初!二酸化炭素を再摂取しない酸素マスク SHENPIX 【 CO2 Free Mask 】

★3つの新配合成分!
DHA・EPA、ラクトフェリン、ベビーコラーゲン



BELTAブランドの無添加の葉酸サプリです。

妊娠中や授乳中のBELTAユーザーの生の声から生まれた安心安全・高品質な妊活サプリ!

葉酸とは、ビタミンB群のひとつで

厚生労働省が妊娠を計画している女性または妊娠の可能性がある女性に対して、

通常量に加え1日400μg摂るよう推奨している栄養素です。

葉酸は体内では蓄積されにくい成分で、

水に溶けやすく光や熱に弱いという特徴があることから

普段の食生活からは非常に摂取しにくい栄養素と言われています。

葉酸不足を防ぐためには、妊娠や授乳に関係なく

普段からサプリメントなどで補っていくことが大切です!